ここが知りたい!今どきの結婚式のお金のこと

結婚式で世話役になってくれた友人へのお礼は?

結婚式で世話役をしてくれた友人たちへのお礼は、お金でしないのが基本ですよ。親しい間柄ですから、お金でお礼をすることは、かえって失礼になることもありますよね。新居に招いたり、新婚旅行でお土産を買ってきたりして、感謝の気持ちをあらわすとよいでしょう。ただし、二次会や会費制の披露宴で発起人になってくれた友人の場合、招待状の発送や会の演出など、新郎新婦がやるべきことを代行してくれているわけですから、その労には報いたいものですね。「薄謝」としてお礼金を渡すか、あるいは後日、食事に招くというお礼の仕方もありますよ。

主賓の交通費はどうする?

仲人以外にも、新郎新婦の主賓、乾杯の音頭をとってもらう主賓には、送迎の車を用意するか、車代を用意するのが一般的ですね。事前に送迎が必要かどうかを確認し、必要な場合はハイヤーの手配をしましょう。必要でない場合は、当日車代として交通費を用意します。車代は会場と主賓が住んでいる場所との距離に応じて決まり、一般的には5千円+時間と距離、が目安になりますね。表書きは「御車代」とし、全額なら申し分ありませんが、一部なら「交通費の足しにしてください」とメッセージを添えるとよいでしょう。

新婚旅行のお土産はどの範囲まで?

新婚旅行から帰ったらなるべく早い機会に、お世話になった人へのあいさつ回りをしましょう。まず欠かせないのは、仲人、新郎新婦双方の家、親戚ですよね。お土産や旅先の写真などを持参して、あいさつをします。そして、結婚式の世話役をしてくれた友人にもお礼を述べ、お土産を手渡すとよいでしょう。お土産の品は、いただいたお祝いの多少にかかわらず、一律でかまいませんよ。高価なものでなくてもよく、旅先の香りがするものを選ぶようにするとよいでしょう。

お台場の結婚式場はお料理や演出にも満足できますが、窓の外の眺めも良いので、ゲストからは大いに喜ばれます。