結婚式のスピーチを攻略するために!推敲のポイント

結婚を祝うにふさわしい内容か?

結婚式のスピーチでは、新郎新婦の異性関係はもちろんのこと、欠点や短所を避けることは言うまでもないことですよね。ごく一般的な内容についても、宗教、政治に関しては、さまざまな意見を持った人が列席していることもあるため、おめでたい席ではふれるべきではありませんよね。新郎新婦にとって好ましい内容を導くための引き合いに出すとしても、スピーチを聞いている多くの人に、誤解と嫌悪感を持たれないようにすることが大切ですね。

言いたいことがハッキリしているか?

結婚式のスピーチは自分ばかりではありませんから、他の人との兼ね合いも考えて、自分だけが語ることのできるテーマは何であるか、事前に考えてポイントをつかむようにすることが大切ですよ。話すことが盛りだくさんだと思いばかりがつのり、言葉が定まらず、印象が散漫なものとなりがちですから、注意しましょう。また、たとえ上司や恩師であっても、尊大に取られがちな話し方や表現は、聞く人の不快感を誘うので、言葉づかい一つ一つを入念にチェックしたいものですね。

聞いただけで分かる表現か?

スピーチで、日頃なじみの薄い漢語表現を多用すると、聞きにくいものとなってしまいますよ。漢語は重厚なイメージを与えますし、格調も添える、というメリットもありますが、同音異義語も多いので、すんなりと耳に入り理解しやすいものか、チェックしておくとよいでしょう。自分ではプラスの意味で使った言葉が、勘違いされてマイナスの意味にとられてしまうというようなこともありますから、結婚式のスピーチでは気をつけたいですよね。

白金の結婚式場ならば、スタッフのおもてなしが行き届いていますから、最高の挙式を実現することができます。